2017/7/29(土)「鹿嶋っ子夏フェス」無事終了!

2017/7/29(土)、鹿嶋市の小学生を対象にした「第3回 鹿嶋っ子夏フェス」にしんぶんぶとして参加させていただきました。事前に鹿嶋市すべての小学校にチラシが配布され、いくつかの工作教室の中から、新聞バッグづくりを選んでくれた子どもたち、たくさん集まってくれました。小学生だけでなく、幼稚園の子やお父さん、お母さんも一緒に参加してくれました。

会場は、鹿嶋市まちづくり市民センター。元々、短期大学だった施設なので、とても広くて、教室や廊下が懐かしい雰囲気でした。イベントに集まった100名の子供たちとその保護者の皆さんで大賑わいの中、キッズFMがスタート!  10人のキッズアナウンサーがFMかしまの生放送の司会にチャレンジです。私もしんぶんぶの講師として、生放送の現場にお邪魔すると、緊張した空気が流れていました。マイクを渡されて、簡単な自己紹介させていただきましたが、ラジオの生放送、どんな感じだったのかな。

ラジオの生放送中、毎月開催している新聞バッグワークショップの生徒さんがお手伝いに来てくれて、会場のプレイルームは準備に大忙し。この日は18:30からカシマスタジアムでホームゲームがあったので、このイベントが終わったら全員スタジアム直行です。イベント中、ユニフォームを着ていたのは観戦準備ではなく、先生たちがわかりやすいようにです! 念のため。お手伝いのスタッフさんは、鹿嶋市、つくば市、東京からも駆けつけてくれました。

テーブルや椅子を配置し、新聞バッグをたくさん展示して盛り上げます。制作時間が約45分なので、完成できるかどうかが心配でした。それで、スタート直前まで持ち手のパーツをたくさん丸めておきました。これを準備しておかなかったら、多分完成できないままワークショップは終わっていたと思います。

小さいお子さんのワークショップは、進行に大きな差が出やすいので、いつものようにはいきません。制作中、爆睡している幼稚園児の生徒さんもいました(笑)。会議机にパイプ椅子だと、小さいお子さんにはちょっと新聞が折りにくかったかもしれません。いろんな反省点がありましたが、最後はとても素敵な新聞バッグが完成して、みんなうれしそう! 私たちもそんな姿にとてもうれしくなりました。

お声をかけてくださったFMかしまの水井さん、当日お手伝いしてくださった方々、スタジアムで配布予定の新聞「VAMOS」を準備してくださった鹿島アントラーズやFMかしまの方々、英字新聞を用意してくれた方、参加してくれた鹿嶋市の皆さん、夏の楽しいひとときをありがとうございました。新聞紙でまたバッグつくりたいなと思ってもらえたらうれしいです。


イベント後は物凄いスピードで片付けて、スタジアムに直行しました!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook