【終了】2014/4/20(日)鹿嶋市「Bistro Nori-Na」<サッカーファン限定>

サッカー好きのための新聞バッグワークショップです。
鹿島アントラーズのある鹿嶋市で開催します!

会場はパスタとハンバーグがとってもおいしいと評判のビストロ・ノリーナさんです。ワークショップ当日、ノリーナさんは定休日ですが、特別にとびきりのランチも作ってくださることになりました。ドリンクとデザート付きです!楽しみですね。

前日はホームゲーム(鹿島vs神戸)もありますよ。
アントラーズを応援する皆さん、試合翌日はぜひビストロ・ノリーナさんへお越し下さい!

会場 :鹿嶋市「Bistro Nori-Na」
日にち:4月20日(日)
時間 :10:00〜12:00 ※ワークショップ後にランチ
費用 :3000円(材料費・道具代、ランチ付き)
定員 :10名 ※定員に達し次第、受付を終了します
内容 :2つの異なった新聞バッグをつくります。ランチ付き!
講師 :鈴木亜也子

参加ご希望の方は、スポーツ新聞エルゴラなど、とっておきの新聞をご持参下さい。手ぶらでも構いません。
講師は、前日の試合を観戦します!

鹿嶋市「Bistro Nori-Na」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中90-18
ビストロ・ノリーナさんのブログはこちら

 

【参考】過去のサッカーファン限定新聞バッグワークショップ

 


 

<新聞バッグワークショップを終えて>

鹿島アントラーズのある鹿嶋で新聞バッグワークショップやりたい!とずっと思ってました。そう、講師の鈴木は鹿島アントラーズのファンなのでした。アントラーズを応援する皆さんと楽しい時間を過ごしたいという思いを、ビストロ・ノリーナのオーナー丸野さんが叶えてくれました。初めてお店を訪れてから開催まで2ヶ月も経っていなかったと思います。鹿島スタジアムの帰りに、新聞バッグ片手に立ち寄ったのが始まりでした。

鹿嶋でやるからにはやっぱり鹿島アントラーズの新聞記事で作りたい!ということで、今回もまたサッカー専門紙でおなじみの「エルゴラッソ」を発行するスクワッドさんへご相談。素敵な新聞をたくさんご提供いただきました。本当にありがとうございます!

読み終えた新聞は捨てられていきますが、大好きなチーム、大好きな選手が掲載された新聞は宝物です。こんなふうに新聞バッグに形を変えて、情報を伝えるという役目を終えた新聞がバッグとして生まれ変わる楽しさを、少しでも知ってもらえたらと思います。

ワークショップ当日、龍ケ崎やひたちなか、東京からも参加者が集まりました。ちびっ子も参加!

新聞バッグワークショップ@ビストロ・ノリーナ新聞バッグワークショップ@ビストロ・ノリーナ 新聞バッグワークショップ@ビストロ・ノリーナ

 

大好きな柴崎選手の新聞で。上手にできました!

いつも子供さんがいるときは、途中で飽きてしまう子が多いのですが、今回は小学生の男の子も女の子も「もっと作りたい!」って、時間が足りないほどでした。また作ろうね。

新聞バッグワークショップ@ビストロ・ノリーナごうくん新聞バッグワークショップ@ビストロ・ノリーナ新聞バッグワークショップ@ビストロ・ノリーナ

 

ビストロ・ノリーナさんにはこんな貴重な新聞バッグも。
遠藤康選手、杉本太郎選手のサイン入りです!

新聞バッグワークショップ@ビストロ・ノリーナ

 

ワークショップが終わってから衝撃の告白をされました。「私、折り紙で鶴も折れないんです」って。でも、こんなに上手にできました。2011年、ナビスコ杯優勝のときの新聞バッグ!私も欲しい!

P4200299

 

新聞バッグの内側にもこだわってます!小笠原キャプテン!

新聞バッグワークショップ@ビストロ・ノリーナ

 

ワークショップのあとは、お待ちかね!スペシャルランチ!
ビストロ・ノリーナさんといえば、ハンバーグとパスタが絶品なのです。

ランチができあがるまで、しばし子供たちとサッカーをして遊びました。さすが鹿嶋の子、サッカー上手です。3歳くらいの男の子がボールに背を向けてまさかのヒールキックですよ!

新聞バッグワークショップ@ビストロ・ノリーナ 新聞バッグワークショップ@ビストロ・ノリーナ

新聞バッグワークショップ@ビストロ・ノリーナ

新聞バッグワークショップ@ビストロ・ノリーナ

参加者の方からプレゼントされたドイツ土産の大迫Tシャツを着てるのは、ノリーナのオーナー丸野さん。お休みの日にもかかわらずお店を開けてくださって、おいしいランチまで作ってくださいました。心から感謝です!ありがとうございました。

開催当日まで、告知に協力してくださった皆さんにもお礼を申し上げます。

2011年の夏、横浜F・マリノスで親子教室を開催したことがありました。新聞バッグインストラクターの資格を取ったばかりで、練習を重ねてようやく上手に作れるようになった頃です。でも、作り方を人に「教える」のはまた別の技術が必要でした。今振り返ると、教えることに精一杯で、せっかく集まって下さった皆さんがサッカーファンだということを意識する余裕がなかったように思います。同じチームを応援するみんなで作る新聞バッグワークショップ、皆さんがより楽しめるように工夫して、今度はもっと上手にやりたいな、と思い続けて3年近くが経ちました。今回開催できたこと、本当にうれしかったです。

鹿嶋での新聞バッグワークショップ、アントラーズや選手の話が尽きなくて本当に楽しかったです。帰りにお店の前でずっと新聞バッグを掲げてバイバイしてくれたオーナー丸野さんのお子さまたち!かわいかったなあ。鹿嶋でまた開催できますように。

 

新聞バッグワークショップ@ビストロ・ノリーナ

 

 


 

130406_06

shoma2

ogasawara

1860

P3080240

P3080245

uchida

wine

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook